手汗足汗脇汗を止める方法と汗が酷い原因

手汗足汗脇汗など汗を多量にかいてしまうために、悩みを抱えている方もいるでしょう。汗を体の一部にだけ極端に描いてしまう場合には、自律神経などの乱れによるものが原因の一つとして考えられます。

精神的な面、ストレス、緊張、不安、また興奮などによっても体の一部に多量の汗をかいてしまうこともあります。また、そのほかにも自律神経が乱れる原因としては不規則な生活、睡眠不足なども原因になることがあります。それ以外にも、汗などに影響がでるとするならば、運動不足や室内など快適な温度で長時間、すごしていると発汗作用などが正常に働かずその影響なども考えられるでしょう。

自律神経や発汗作用に悪影響と考えられる原因を、自分なりに改善していくことが大切です。また、日常生活に支障をきたすような場合には、医療機関などで適切な治療を受けることも重要です。自分の生活習慣などの乱れを改善していくことでも、ある程度汗などの状態を改善することができる場合もありますが、改善が見られない場合や、現状でかなり悩んでしまっている、生活をするうえでかなり困った状況の場合には、それなりの対策や医師による適切な処置、治療などに頼ることも大切です。

汗を多量にかいてしまうような状態を少しでも改善していくために、さまざまな対策をしていきましょう。

生活リズムを整え、日々の生活を規則正しい生活ができるように、まずは改善していきましょう。仕事などが忙しい方の場合には、どうしても不規則な生活になりがちですが、まずは規則正しい生活を自分なりにできるように、常に意識して行動をしていくことで、自分のペースでできる範囲内で改善していきましょう。また、睡眠をしっかりと取ることも重要です。

睡眠不足、また眠りが浅いと疲労がたまり、ストレスなども溜まりやすい状況になりがちです。自律神経などに影響がでてしまうため、質のよい睡眠がきちんと取れるように、リラックスできる生活環境、そして、睡眠前にもあまり緊張せずに過ごせるような室内の環境などを整えていくことも大切です。

また、日頃運動不足の方、室内からあまり外に出ない方なども、定期的に外出し、有酸素運動などを行う習慣を身に着けていくことも大切です。適度な運動をすることで、自身の健康の維持につながり、肥満の予防、血流の改善などさまざまなメリットがあります。

また、体を動かすことで、全身に汗をかくことも、発汗作用を正常化していくためには有効な手段です。健康を意識しながら、運動不足を解消していき、ウォーキングやランニングなど適度な運動を日々、継続していけるように生活状況を改善していきましょう。

仕事が忙しく、運動をする時間が取れない場合には、出勤時などを利用して通勤時、自転車を利用したり、電車やバスなどを利用している方は、仕事先に一番近い場所で降りずにその一つ手前の駅、停留所で降り、そこからウォーキングをしてみるのもいいでしょう。ちょっとした工夫により、運動をする習慣を身に着けることはできます。自分なりに生活のなかに運動を取り入れる方法を考えてみるといいでしょう。

また、精神面の安定を図ることも重要です。ストレスが溜まりやすい場合には、気分転換をしたり、ストレスが軽減、解消できるように、休日にでかけたり、趣味を楽しんだり、自宅でゆっくりとリラックスしながら休息を取るなど自分なりにストレスが緩和できるような生活を心がけましょう。ストレスを軽減することも大切なことです。

また、状況などによって、過度に緊張、不安などといった状態で多量に汗をかいてしまうようなこともあります。そのような場合には、あらかじめ制汗剤などを使用して、一時的に汗を抑えるように、自分なりに対策をしてみることも有効な手段です。

朗報!!手汗は改善できます!!!

「手に汗を握る」ということわざがある通り、人は誰しも緊張を感じた時にはじんわりと手の中に多少の汗がにじんでくるものです。その量が少ない場合は病気ではありませんが、あまりにも汗の量が多かったり、汗が止まらなかったりする人は、もしかすると手汗を調節する身体の機能の一部に問題が生じている可能性も否定できません。

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)と呼ばれる病気であると考えられます。手汗で本がふやけるほどになってしまうとか、たれてきた手汗で床が濡れてしまうなどの症状であれば、日常生活にも支障をきたし、さまざまな場面において不都合が発生することとなります。その改善のためには、まずは手汗の原因についてしっかりと理解して、どのように解消していけばよいのかを知ることが大切です。

多すぎる手汗の原因となっているものは色々とありますが、一般の人でも緊張したり不安感を抱いたりするとじんわりと手のひらが湿ってくるものです。そのために、強いストレスがその原因となっている場合が多いと考えられます。

現代はストレス社会とも言われ、家庭でも地域社会でも、それぞれの立場や環境において、完全にストレスから逃れるということは容易ではありません。しかしある程度のストレスはコントロールすることができますので、適度なストレス解消の方法をいくつか見つけてそれを実践するということが有効です。強いストレス源が身近にあるという場合には、思い切ってそこから一歩身を引いてゆっくりと休養するということも考えたほうが良いでしょう。

またストレスが原因ではない場合も考えられます。肥満症が原因となって汗をかきやすいということもありますし、更年期障害などの加齢によるホルモンバランスの乱れによっても汗の量の調節がうまくいかなくなるという可能性は十分に考えられるでしょう。

もっと別の悪い病気があり、その症状の一つとして手掌多汗症を引き起こすというケースもまったくないとは言い切れないものです。いずれの場合にしても、その症状からどこに問題があるのかということを患者y自信が見分けることは困難ですので、手汗についての異常を感じた場合にはまず最初に医師の診察を受けることがベストです。

受診する診療科目については、最も可能性として考えられるストレス性のものであるならば、心療内科もしくは精神科が良いでしょう。診察を受ける前には、必ずいつごろからどのような場面でどの程度の汗をかき、生活にどのような支障が出ているのかということを伝えることも大切です。病院に行く前にこれまでの経過を簡単にまとめておくと、より正確な診断を受けることができるようになります。

診察を受けて手汗が心因性のものかその他の原因であることがはっきりと示されたら、その次の段階は手汗治療プログラムです。まずは医師からの適切なカウンセリングを受けることが前提です。そのカウンセリングを受けた上で、制汗剤という薬品を利用して手汗を抑制するという治療方法や、服薬によって汗の制御を行うなどの治療方法を行うこととなります。

どのような手汗治療プログラムとしていくのかは、必ず医師の指示を聞き、自分自身が納得した上で実行することが望ましいです。安易に市販の薬品で改善しようとしたり、誤った方法を実践したりすることで、症状の悪化を引き起こす可能性もあります。治療には時間がかかりますが、徐々に改善していくものとゆったりと構え、症状と向き合うことが良いでしょう。

手汗治療プログラムを受けることで日常生活に不便のない状態にまで改善し、症状の解消にいたったケースも少なくありません。まずは最初の一歩を踏み出してください。