手汗対策に塩化アルミニウムは効果があるか

薬

暑いわけでもないのに手だけ異常に汗をかいてしまう場合、何らかの病気になっている可能性があります。
大量に手のひらだけ汗をかく場合は、「手掌多汗症」という病気が考えられます。特定の部分だけ異常に汗をかく病気を「局所性多汗症」と言い、そのうちのひとつになります。

驚いたり緊張したりすることで手汗をかくことは、普通の反応です。時間が経ちリラックスすれば汗は引いていきますが、手掌多汗症になるとリラックスしていても汗が出てくるという症状が現れます。
汗の量は、手のひらが湿っている程度のものから、水滴が出てきて日常生活に支障が出るケースなど様々です。

原因は自律神経のひとつである交感神経の反応が強くなりすぎていることが考えられます。改善するためには、様々な方法があります。

微弱な電流を流した水に手のひらを20分程度つけて、汗腺にダメージを与えて汗を減らしていく「イオントフォレーシス」やボツリヌス菌という毒素から生成された薬を注射する「ボトックス注射」を行うことで、神経の働きを抑制して汗を減らす方法などが挙げられます。

しかし、これらは定期的に病院に通う必要があったり、半年に一度程度の割合で注射をしなくてはならない方法です。

塩化アルミニウムを使った治療

もっと手軽に治療したいという場合には、塩化アルミニウムを使った治療がおすすめです。

塩化アルミニウムとは、市販の制汗剤の主成分としても利用されている成分です。汗腺に炎症を起こして閉塞させて発汗を抑制する効果があります。効果は一過性のものですので、継続的に使用することによって汗を抑えることができます。

医薬品ではないため、一般の薬局やドラッグストアなどではあまり扱っていないものです。大きな薬局であれば20%の濃度に薄めた水溶液が販売していることもありますが、治療を行うためには皮膚科などのクリニックで処方してもらうことが確実に手に入れられる方法です。

塩化アルミニウム水溶液の使い方

塩化アルミニウム水溶液の使い方は簡単です。

寝る前に汗がきになる部分に塗って、朝に洗い流すだけというのが基本的な使い方になります。

眠っている最中は発汗を促す交感神経の反応が弱くなります。そのため汗で流れてしまう心配が少なく、成分を汗腺の導管に浸透させることができます。ひどい場合には「密封療法」を行うことでより高い効果を得ることができるようになります。

やり方としては、まず就寝前にしっかり手を洗って十分に乾かします。次に布手袋を手にはめたら、その上から水溶液を十分に染み込ませます。手のひら側に満遍なく染み込ませることが重要です。水溶液が十分に染み込んだら、布手袋お上からゴム手袋をはめます。ゴム手袋の手首の部分を輪ゴムで留めておくことでより高い効果を期待することができます。

そのままの状態で眠り、朝になったら石鹸で良く手を洗います。

効果が現れるまでは約2週間程度かかるため、毎晩続けることによって徐々に汗は減っていきます。減ってきたら、週に1〜2回の頻度で塗っていくことで汗を減らしていけます。

塩化アルミニウム水溶液の成分

手汗を改善するためには、塩化アルミニウム水溶液はとても効果的な成分です。

しかし、強い成分でもあるためきちんと使用上の注意を守って使用することが必要となります。

ポイントとしては必ず20%以下の濃度に薄めてから使うようにします。この時薄めるのは水道水ではなく精製水を使います。

肌に合わない場合には、かゆみや発疹、ヒリヒリした感覚などになることもありますが、その時はすぐに使用を中止してしっかりと洗い流します。手のひら以外にも脇の下や手の甲などにも使用出来るものですが、皮膚が薄い部分にトラブルが生じた場合悪化する可能性もあるため使用には注意が必要です。

また、就寝中以外に使ったり、2週間以上連続で使うなど長期間使用していると肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も考えられます。そのため必ず眠った後などに放置せずに、朝起きたら洗い流すなどすることも大切です。

手の汗が減り始めたら使用頻度を減らすことも、肌トラブルにしないためには大事なことです。

塩化アルミニウムは、日光に当たると劣化してしまいます。保存する場合には遮光瓶を利用したり、アルミニウムで容器を覆うなどの日光に当たらない工夫をして暗い場所で保存することが良いとされています。

まとめ

このような治療以外にも、体の内側から自律神経を整えていくことも手汗の予防となります。焦って汗を抑えようとすると逆に汗を増やしてしまうため、なるべく手汗を気にしないようにします。

自律神経を整えるためにはリラックスすることが重要です。深呼吸をしたり、ゆっくり入浴する、好きな音楽を聴くなど自分にあったリラックス方法で副交感神経を活発にします。

また、生活リズムを整えることも自律神経を整えるためには必要なため、意識をして早寝早起きをして食事の時間を一定にするなど生活リズムを整えることが内側からの手汗のケアにつながっていきます。

手汗の対策でファリネは効くのか? 口コミは?

手汗対策で人気・話題のファリネ

手汗の対策で知られるファリネは、口コミで素早く良く効くと評判で、汗が気になる人の注目になっています。市販の制汗剤は、汗を吸着するパウダーが主成分で、後は香りを付けて爽やかさを実現することが特徴です。

ただ、制汗剤の粒子は粗く、付けると粉っぽさが感じられる程ですから、手に使用するには抵抗感が強くなります。その点ファリネは、超微粒子で付けた感じがせず、人の手や物に触れても、粉移りがしないと口コミで評価されています。

触れた対象に粒子が移ってしまうと、手汗を抑える効果が減少したり、効くと実感出来る時間が短くなる恐れがあります。しかし、塗った直後であっても、手に馴染んで定着してしまえば、手汗が弱まり落ちてしまう心配がなくなります。

日常で使いやすい対策方法として、とても理想的な商品ですから、口コミを参考に検討したり、試しに使ってみることがおすすめです。

ファリネの使い方と口コミ

容器はオシャレなデザインで、一見すると手汗対策商品には見えず、手に持ちやすいコンパクトサイズな点が魅力になります。持ち運びに便利で、外出先でも気軽に付けられますし、例えば手洗い後に流れ落ちてしまっても、直ぐに取り出して塗り直すことが可能です。

パウダーを付ける前は、一度手を洗って清潔にすることは大切ですが、直ぐに汗が出てしまう人でも、ファリネを塗ると直後に効果が出始めます。効くと感じるまで、勿論汗の量に関する個人差はあるものの、大抵は手の平に軽く押し当てると、少しずつ汗が引いて乾き始める実感が得られます。

市販でスプレータイプの製品は、出過ぎて粉っぽくなってしまったり、消費ペースが速まる無駄が大きくなることがあります。一方、こちらにはそのような心配がなく、使いたい量だけ適切に出せるので、出し過ぎてしまう心配と無駄がありません。

香料タイプのスプレーは、付けていることが分かる匂いも問題ですが、ファリネには匂いがなく、香りで誤魔化していないことも口コミの評価になっています。実際に使用を行い、人それぞれが感じた効くと思った瞬間も、口コミで詳細に把握することが出来ます。

使用が他人にバレてしまうのではないか、大切な書類に付着したらどうしようかと、不安を感じた人の変化が大変参考になります。使い始め初日は、塗った直後に付けた感じがしないことに驚き、自然な使用感が得られたという意見が印象的です。

仕事中は、目の前のことに集中出来たり、フッと一息吐いた時に、そういえば塗っていたと思い出すことが少なくないようです。これは、使用感が極めて自然で、微細な粒子が手汗の悩みから守ることを現していますから、使っている本人が自然体で過ごせることを意味します。

汗の悩みを抱えている人は、握手や大切な書類に触れる機会を避けたり、どのように上手く断るか、そればかりに捕らわれています。効果的な対策方法に気が付き、効くという実感を得ることが出来れば、悩みに振り回される心配がなくなり、前向きな気持になる切っ掛けの獲得に繋がります。

対策方法を探していて、試す価値のある商品に出合いたい場合は、口コミを参考に実体験を知ることがポイントです。20代の女性は、学生の頃からタオルが手放せず、何時も握り締めていたと振り返る、思い出話になっています。

汗は汚い印象を持たれますが、発汗は決して悩みを持つ人の本意ではなく、避けることが難しい身体的な特徴と体質的な悩みです。最初は半信半疑でしたが、効くことが分かり始めると、気が付いたらタオルを取り出す回数が減少していた、そう感想を述べています。

発汗量だけではなく、そこに滑りが加わり悩みが深くなる人は、度々触れる物が滑り落ち、日常生活に支障を感じていることがあります。運転を行う30代女性は、強くハンドルを握っていても、滑ることに恐怖を感じる機会が少なくありませんでした。

ファリネが効果を発揮し始めると、急に滑って焦ることがなくなり、力まなくても運転出来るので疲れにくくなったと好評です。同様の悩みを持つ20代の女性は、片手持ちのスマートフォンが滑ることが悩みで、特に文字入力に時間が掛かることが苦痛だったとのことです。

手汗対策はこの女性にとって有効で、今では手放せなくなっていますから、長期間使っても効果が弱まらず、長く安心して使えることが良く分かります。思春期の学生は、テスト勉強で答案用紙に触れたり、体育の授業で人と触れ合う等、汗が悩みの種となり得ます。

まとめ

ファリネはは、子供から大人まで安心して使える程安全なので、学生の悩み解消にも最適な選択肢になります。社会人になれば、握手や名刺交換といった、交流が多くなって避けることはとても困難です。

学生であれば、何か理由を付けて避けることは出来ますが、社会人は回避することが中々許されず、直面した状況を自ら乗り越える必要があります。汗は思春期を過ぎると、自然に改善する場合もありますが、必ずしも自然回復するとは限らないので、効果的かつ現実的な選択肢に気が付くことが大切です。

ファリネは子供でも使えるので、効果に対して安全性も評判ですが、万が一に備えた返金保証も安心感を高めています。